【その日暮らしで老後資金に不安のある方へ】稼げるスキルを身につけて生涯現役を目指そう

【その日暮らしで老後資金に不安のある方へ】稼げるスキルを身につけて生涯現役を目指そう

「人生100年時代」「老後2000万円問題」が世間で話題になり、老後に不安を抱える人が増えているのではないでしょうか。

特に、その日暮らしで貯蓄していない人は、不安が大きいと思います。

老後資金の不安に対して「お金の使い方を見直し、資産形成しましょう」というのが、一般的な考えです。

この考えは、1つの正解だと言えるでしょう。

しかし、資産形成には多くの時間が必要ですし、いくら準備すれば安心と言えるのかわかりません。

稼げるスキルを身につければ、いつでもお金を稼げます。

足りない分は、稼げばいいというのが、私の考えです。

本記事では、稼げるスキルを5つ紹介しますので、記事を読み終えたら、すぐにでもスキル習得に励んでみてください。

1.その日暮らしでも老後資金の不安を解消するなら稼げるスキルは必須!

その日暮らしで老後資金に対する不安を解消するなら、稼げるスキルを身につけましょう。

稼げるスキルを身につけていれば、貯蓄がなくても必要なお金を稼げるからです。

総務省統計局のデータによると、令和3年度における老後に必要な生活費は、独身者で約15万円、夫婦2人で約26万円となっています。

総世帯及び単身世帯の家計収支|家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)|総務省統計局

極端な話かもしれませんが、この金額以上に稼げれば、貯蓄がなくても生活に困ることはありません。

アルバイトや会社勤めでは、一生稼いでいくことは難しいですが、稼げるスキルを持っていれば、生涯現役で稼げます。

いつまでもお金を稼げれば、老後資金に対する不安はなくなるでしょう。

つまり、稼げるスキルを身につけることが、老後資金の不安をなくすために必須なんです。

2.その日暮らしを可能にする稼げるスキル5選

「1.その日暮らしでも老後資金の不安を解消するなら稼げるスキルは必須!」を読むと、稼げるスキルが必要な理由は、理解していただけたと思います。

ここからは、具体的に稼げるスキルを紹介します。

稼げるスキルの代表は、下記の5つです。

  1. プログラミングスキル
  2. マーケティングスキル(Webマーケティング)
  3. 動画編集スキル
  4. Webライティングスキル
  5. 語学スキル

需要が高く、体力が落ちてきても稼ぎ続けられるスキルを厳選しました。

早くスキルを身につけたい場合、スクールに通うという手もあります。

スクール代はかかりますが、その分早く稼げるようになれば、スクール代をすぐに回収することも可能です。

難易度は高いかもしれませんが、一生稼ぎ続けられるスキルですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

2-1.プログラミングスキル

プログラミングスキルは、インターネット上のサービスを作るためのスキルです。

IT業界の発展により需要が高まっています。今後もIT業界は成長していくことが予想されますので、需要がなくなることはないでしょう。

プログラミングでできる身近な例としては

  • アプリの作成
  • ゲーム開発
  • 業務の自動化

インターネットを通じて利用するサービスは、すべてプログラミングによって作られています。

個人で受注できる仕事も多く、単価の高い仕事も多いです。

開発するものによって必要なプログラミング言語が異なるため、需要の高いプログラミング言語から学ぶといいでしょう。

独学で学ぶこともできますが、短期間でスキルを身につけるなら、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

TechAcademy(テックアカデミー)では、無料体験、無料カウンセリングがあるので、プログラミングスクールはどんなものか体験してみるのもいいかもしれません。

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイトはこちらから

2-2.マーケティングスキル(Webマーケティングスキル)

マーケティングスキルとは「商品やサービスが売れる仕組みを作る」スキルです。

特に、Web上で購入を促すWebマーケティングスキルは、今後も需要が高まっていくと予想されます。

マーケティングスキルを身につければ、マーケターだけでなく、コンサルタントやアフィリエイターなど、さまざまな仕事に活かせます。

独学で学ぶのは難しいので、可能であれば、マーケティング業界に就職し、働きながら学ぶのがベストです。

ただし、就職するのも簡単なことではないので、Webマーケティングスクールに通うことをおすすめします。

無料体験、無料相談できるスクールもありますので、まずは体験してから判断してみてください。

女性限定ではありますが、SHElikes(シーライクス)では無料体験レッスンがあります。

WEBMARKSは無料講座の体験ができます。

2-3.動画編集スキル

動画編集スキルは、文字通り動画を編集するスキルです。

YouTubeなどの動画コンテンツが普及しているので、動画編集スキルの需要も高まっています。

人気YouTuberは、動画編集を外部委託していることが多いため、個人でも仕事を受注しやすいです。

動画編集スキルを高めて、その手法を動画で発信すれば、あなた自身がYouTuberとなって稼ぐこともできます。

2-4.Webライティングスキル

Webライティングスキルとは、Web上で文章を書くスキルです。

「文章なんて誰でも書けるじゃないか」と思われますが、ただ文章が書けるだけではなく、簡潔でわかりやすい文章が求められます。

Webライティングでは、検索結果上位に表示させるためのSEOを意識した文章を書くことが大切です。

Web上にある文章は、すべてWebライティングスキルを使って書かれた文章ですので、需要がなくなることはありません。

この文章を書いている私も、Webライティングスキルを使って、お金を稼いでいます。

2-5.語学スキル

語学スキルも、非常に幅広い分野で活躍できるスキルです。

ビジネス会話ができるレベルになれば、仕事に困ることはないでしょう。

通訳や翻訳といった仕事だけでなく、講師として稼ぐこともできます。

英語が最も有名ですが、他にも人口の多い語学や、日本人にゆかりの多い語学を学ぶのもいいかもしれません。

3.案件受注に困ったらクラウドソーシングサービスを利用する

稼げるスキルを身につけても、案件を獲得できなければ意味がありません。

実績のない状態でいきなり営業をかけるのは、勇気がいりますし、案件を受注するのも難しいです。

初心者の間は、クラウドソーシングサイトを利用して、実績を作ってから営業をかけていくといいでしょう。

有名なクラウドソーシングサイトは、以下の3つです。

どれも無料で利用できますので、登録しておいて損はないですよ。

まとめ:まずは稼げるスキルにチャレンジしてみよう

本記事では、その日暮らしでも稼げるスキルがあれば、老後の不安がなくなるということで、稼げるスキルを5つ紹介しました。

どのスキルも簡単に身につけられるものではありませんが、身につけられれば、個人で稼げるスキルばかりです。

悩んでいるだけでは前に進めないので、まずはチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。