その日暮らしにおすすめな仕事5選!時間や場所に縛られず自由気ままに働こう

その日暮らしにおすすめな仕事5選!時間や場所に縛られず自由気ままに働こう

「時間や場所に縛られず、自由気ままなその日暮らしがしたい」

「でも、そんな自由な仕事なんてあるのかな?」

このような疑問や悩みにお答えします。

本記事では「時間や場所に縛られない仕事を探している人」に向けて、その日暮らしにおすすめの自由な仕事を5つ紹介します。

1.その日暮らしにおすすめの自由な仕事5選!

その日暮らしに憧れている人のために、自由に働ける仕事を5つ紹介します。

今回紹介する仕事は、以下の5つです。

  1. 日雇いバイト
  2. Webライター
  3. 動画編集
  4. アフィリエイター
  5. プログラマー

日雇いバイト以外は、どれもパソコン1つあれば、どこでもいつでも働けます。

簡単に稼げるとは言えませんが、その日暮らしを実現するために、チャレンジする価値のある仕事を厳選しました。

早く始めるに越したことはありません。「今日が一番若い自分」ですので、この記事を見たら、すぐに行動してみてください。

1-1.日雇いバイト

日雇いバイトは、1日単位、数時間単位で働くバイトです。

シフト制ではないので、自分の好きな日や時間に働けます。

スキルや経験がなくても、いつでも誰でもすぐに働けるのが日雇いバイトの魅力です。

誰でも確実に稼げるという点では、今回紹介する仕事の中で一番だと思います。

最近では、単発バイト、短期バイトの求人サイトやアプリが充実していますので、自分に合ったバイトを見つけられるでしょう。

以下に、おすすめの求人サイトを貼っておきますので、興味のある方は登録してみてください。

マッハバイト

バイトル

ヒバライドットコム

タウンワーク

マイナビバイト

1-2.Webライター

Webライターとは、Web上のメディアに記事を寄稿する仕事です。

扱うジャンルは様々で、自分の興味関心や経験を活かして文章を書けます。

紙媒体ではなく、Web媒体で文章を書くため、検索結果の上位に表示されるためのSEOライティングや、わかりやすい文章を書くことが求められます。

未経験者でも始めやすいのが特徴です。ただし、初心者のころは多く稼ぐのが難しいかもしれません。

私の経験ではありますが、初心者のうちは案件の獲得に苦労すると思います。諦めずに案件を獲得できるまで、応募し続ける忍耐強さが必要です。

実績を積み上げていくと、案件も獲得しやすくなりますし、単価も上がってくるので、会社員の収入以上に稼ぐこともできます。

副業との相性もいいので、会社員として働きながらスキルや経験を貯めて、フリーランスとして独立するのがいいかもしれません。

パソコン1台あればできますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

文章を書くのが好きな人正確に作業を進めることが得意な人には、特におすすめの仕事です。

1-3.動画編集

動画編集とは、撮影した動画をつなぎ合わせたり、加工しながら編集していく仕事です。

主な仕事としては

  • イベントで流す動画の編集
  • 企業のPR動画
  • YouTuberが撮影した動画編集
  • ミュージックビデオ作成
  • SNSのPR動画

などがあります。

YouTube関連の仕事が多いですが、最近ではTikTok などのショート動画編集の仕事も増えています。

新型コロナやインターネットの普及により、家で過ごす時間が長くなったことから、今後も動画編集者の需要は増えていくでしょう。

動画市場が拡大しているのに対して、動画編集者の数が足りていないので、実績のない初心者でも稼ぎやすいです。

下記の基礎スキルを身につけてから、仕事を探してみると良いでしょう。

カット撮影した動画から必要な部分を抜き取ってつなぎ合わせる
テロップ入れ話している内容を文字にする
効果音・BGM挿入動画内に効果音・BGMを入れる
色調補正動画の色合いを調整する
エフェクト挿入映像に特殊効果をプラス

動画編集スクールも充実していますので、短期間でスキルを身につけたい人は検討してみてください。

作品作りに没頭できる人には、特におすすめです。

・1-4.アフィリエイター

アフィリエイターを簡単に説明すると、広告主から広告収入を得る仕事です。

アフィリエイト広告を、自分で運営するブログやSNSに貼り、商品やサービスが購入されると、広告主から報酬が入ります。

誰かから指示を受けることもなく、好きなことを書けるので、自由度の高い仕事です。

ブログやSNSでコンテンツを作り、ASP(広告主)と提携すればアフィリエイターになれるので、誰でも始められます。

一部の悪質なアフィリエイターによって、アフィリエイトに対して悪いイメージを持つ人もいると思います。

しかし、以下の点からアフィリエイトは、三方良しのビジネスモデルです。

  • 読者は、知りたいことや悩みを解決でき、いい商品やサービスに出会える
  • 広告主は、顧客獲得の手間が省け、商品やサービスを購入してもらえる
  • アフィリエイターは、報酬をもらえる

読者のために、役立つ情報を提供して、対価として報酬を得るわけですから、後ろめたいことはありません。

アフィリエイターとして稼げなくても、文章力リサーチ力分析力など、他の仕事に活かせるスキルを身につけられます。

リスクも少なく、得られるものが多いので、チャレンジする価値はあるのではないでしょうか。

目標達成まで諦めずに続けられる人には、特におすすめです。

1-5.プログラマー

プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を使って、システムやソフトウェアを作るための「プログラミング」を行う仕事です。

一般的には、システムエンジニアがシステムやアプリの設計を行い、プログラマーがプログラミングを行います。

  • テレビゲーム
  • パソコン、スマートフォン
  • スマホアプリ
  • 家電製品
  • 自動車

上記のように、現代人が日常的に使っているものは、ほぼすべてにプログラムが使われています。

プログラミング言語は、マイナーなものまで合わせると200種類以上と言われています。

代表的なプログラミング言語を、5つだけ紹介しますね。

HTML/CSSWebページを作成するための基礎的な言語
JavaScriptウェブページに動きや演出を加える言語
C業務系システムの開発、家電やゲーム開発など様々な領域で使用されている
Javaアンドロイドアプリの開発、業務用のソフトウェアやシステム開発に多く利用されている
SwiftiPhoneアプリの開発で利用されている

マイナーなプログラミング言語を習得しても、需要がないことがありますので、まずはメジャーなプログラミング言語から習得してみましょう。

プログラミングには、専門的な知識が必要になりますので、独学だと習得するまでに時間がかかってしまいます。

高額ですが、プログラミングスクールに通って、短期間でスキルを身につけると、早く稼げるようになるので結果的にはお得なことが多いです。

個人でも案件を受注できますし、高単価な案件が多いので、稼ぎやすい仕事といえます。

論理的思考があり、いつまでも学習する意欲のある人に、特におすすめです。

その日暮らしをするなら自分で稼げる仕事がいい

本記事では、その日暮らしにおすすめの自由な仕事を5つ紹介しました。

記事を書いている中で思ったのは、「その日暮らしをするには、会社に雇われるのではなく、自分の力だけで稼げる仕事をする」ということです。

今回紹介した仕事以外にも、自由に働ける仕事はたくさんあります。

自由気ままなその日暮らしを手に入れるために、自分の力で稼げる仕事を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。